リモートワーク実施のお知らせ

リモートワーク期間中に関するお問い合わせは、
下記メールアドレス宛にお願い申し上げます。
後ほど担当者よりご連絡させていただきます。

info@plantation.jp

お客様にはご不便お掛けいたしますが、
従業員および関係者各位の感染リスクの軽減のため、
ご理解 ・ ご協力のほど、
何卒よろしくお願い申し上げます。

CLOSE

Plantation

ABOUT US

わたしたちは、銀座を拠点とするデザイン制作会社です。
1982年の創業以来、時代に呼応したクリエイティブを紡ぎ出しながら、
常に最良の顧客満足を提供してきました。

アイデアをひとつの点とするならば、アイデアの点を増やし、結び、
立体化していく作業がクリエイティブです。
この連なるプロセスを自らが楽しみながら、人のこころに伝わる、
ひろがりのあるコミュニケーションをお届けします。

現在、デザイナー7名、編集者2名、営業 ・ ディレクター3名のスタッフが、
広告物企画 ・ 制作、編集企画 ・ 制作をはじめ、Webコンテンツ制作、ノベルティの企画 ・ 製作まで、
日々、さまざまなカテゴリーに携わっています。

PROFILE

  • 会社名 : 株式会社プランテーション
  • 住所 : 〒104-0061 東京都中央区銀座2-12-12 深山ビル3F
  • 代表取締役 : 福田謙三
  • 創立 : 1982年11月
  • 資本金 : 1,000万円
  • 業務内容 : 広告企画 ・ 制作、編集企画 ・ 制作、Webコンテンツ制作 等
  • 加盟団体 : 日本広告制作協会(OAC)
Privacy Policy
Contact

個人情報保護方針

1 : 基本方針

株式会社プランテーション(以下、「当社」という)で業務するすべての者は、個人情報保護に関するコンプライアンス ・ プログラムを遵守し、「個人情報」を安全かつ正確に取り扱うことにより、お客様、社員の個人情報を守り、安全な企業を目指します。

2 : 個人情報取得について

当社は、個人情報を取り扱う案件ごとに個人情報保護の責任者を置き、適切な管理に取り組みます。

3 : 個人情報の収集(提供)と利用

当社がお客様から個人情報をご提供いただく場合は、お客様に利用目的や当社の窓口などをお知らせした上で、適切な範囲でご提供頂きます。当社は、お客様よりご了解いただいた目的の範囲内で、お客様の個人情報を利用いたします。

4 : 個人情報の第三者への開示 ・ 提供の禁止

当社は、お客様よりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

  • お客様の同意がある場合
  • お客様が希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
  • 法令に基づき開示することが必要である場合

5 : 個人情報の管理と保護

当社がお客様から個人情報をご提供いただく場合は、お客様に利用目的や当社の窓口などをお知らせした上で、適切な範囲内でご提供いただきます。当社は、お客様よりご了解いただいた目的の範囲内で、お客様の個人情報を利用いたします。

6 : ご本人の照会

お客様がご本人の個人情報の照会 ・ 修正 ・ 削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

7 : 法令 ・ 条例 ・ (業界ガイドライン)の遵守

当社は、当社が保有する「個人情報」に関して適用される法令、条例、規範、ガイドラインを遵守いたします。

8 : 当社個人情報保護方針や個人情報保護について

当社の個人情報保護方針や個人情報保護についてご質問および不備などを発見された方は、当社個人情報保護担当までご連絡お願いします。

2021年9月1日
株式会社プランテーション 代表取締役 福田謙三

CLOSE

Idea
ア イ デ ア

クライアントのリクエストを解決できるアイデア。
時にはリクエストを飛び越えるアイデア。
仕事のクオリティを上げるアイデア。
仲間とのコンビネーションが深まるアイデア。
アイデアはいわばガソリン。
進み続けるためになくてはならないものです。

アイデアを出すといっても、浮かばないまま頭の中で迷走してしまうこともあります。
そこは急にフルマラソンを走れと言われてもできないのと同じで、やはり日頃からの意識が大切。
あらゆることに対して、常に考察するクセを付けるようにしています。

Create
つ く る

わたしたちにとって、
デザインをつくることだけが仕事ではありません。
クライアントとの信頼関係もつくります。
ブランドのビジョンもつくります。
時にはかわいいぬいぐるみもつくります。
あらゆるコミュニケーションづくりが、
私たちの日常です。

つくるという行為は、強制されるものではありません。
つくることはアイデンティティーなのです。
思考のすみずみにいき渡っているので、
あらゆる局面でつくるを実行しています。
"こうすればもっと良くなる"
"こんなアイデアもあるね"という具合に。

Fun
楽 し む

仕事に全力を注ぐ人ほど、
仕事を楽しんでいます。
目の前の壁が高い時、糸口をさぐり、
アイデアを振り絞り、
具体化するプロセスのすべてが楽しいと思えれば、
それが自分の血となり肉となるわけだから。
今日も、明日も、"FUN to DESIGN"で。

仕事を楽しむ時、
わたしたち自身はもちろん、
クライアントにも楽しんで欲しいと考えています。
クリエイティブは自己満足だけで完結できるものではありません。
最終ターゲット(B to CでもB to Bでも)を笑顔にするために、
それに関わるすべての人が楽しめるのが理想です。

Pursue
こ だ わ る

こだわらなくても、仕事は進めることはできるでしょう。
でもそれは、もう「つくる」行為ではなくて、
ただの「作業」です。
わたしたちは「つくる」集団ですから、
俯瞰からこだわり、ディティールにもこだわり、
そして何より、手仕事の質感にこだわります。

よりよいデザインのためには徹底的にこだわります。
場合によっては「作業」しなければならない局面も正直ありますが、
そのような時は"マシン"になりきります。
早さと正確さのパーソナルベストを目指して。
それはそれで楽しいものです。

Withdraw
引 き 出 す

クライアントでも、ともに働く仲間でも、
相手の悩みや新しい発想を「引き出す」ことを大切にしています。
それが信頼関係につながったり、
チームのパワーアップにつながるからです。
逆に引き出してもらう時もあるでしょう。
コミュニケーションはこうして広がっていきます。

表面的なコミュニケーションでは「引き出す」ことはできません。
心の奥底にあるものをグッとつかんでガバッと引っ張り出そうとすれば、
時には言い争いになることも。
わたしたちはそれでもやめません。
コミュニケーションは真剣勝負なのです。

Be transmitted
伝 わ る

人を動かすクリエイティブ。
手法はどれだけあっても、こころに残り、
気持ちを高めるのは、
肩に力の入った「伝える」コミュニケーションよりも、
本質をスッと突く「伝わる」コミュケーションであると、
わたしたちは考えています。

ターゲットや商品によっては、
グイグイと「伝える」表現が最適である場合もあります。
その時は積極的にクリエイティブに取り入れていきます。
重要なのは、数ある手法から何が最適であるかを見極め、
検証と改善を欠かさないことだと思います。

Change
変 え る

行き詰まった時こそ、視点を変える。
立場を変える。性別を変える。
解決できるアイデア、
よりよいクリエイティブがポンと見つかることがあります。
変えることを怖がらなければ、
それだけで自分をアップデートすることもできるのです。

気付かなかった視点を得るために、
ターゲットの立場に立ってみることはよくあります。
ある時は給料日前で懐が厳しい会社員。
ある時は我が子の教育問題に思い悩む母親。
ある時は大会社の新任CEOなど…。
さなざまな人格に日々"変身"しています。

Expand
ひ ろ が る

個性と個性を結び合わせれば、新しい何かが生まれます。
それを絶えることなく続けていけば、
コミュニケーションの可能性も無限にひろがっていくはず。
そこにはどのようなクリエイティビティが生まれるのだろう。
わたしたちの興味と探求が尽きることはありません。

たとえば、遠方でかつ初対面のクライアントに、
ササっと飛行機に乗って会いに行きましょう。
面白いと思えば、自腹でぬいぐるみもつくりましょう。
自らに垣根を設けず、アイデアに従順でいれば、
想定外の速さでコミュニケーションはひろがっていきます。